プロフィール

猟奇的ちゅう

Author:猟奇的ちゅう
毎日が、興味津々の男です。
その日、感じた出来事など写真
イラストなど添えて書き記して
いきたいと思っています。


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ちゃん先生

NHKの朝ドラ「梅ちゃん先生」が巷では評判らしい。
umetyan.jpg
我が家でも毎朝、楽しく見ている。現在のドラマの時代設定は昭和30年代だ。ちゅうが10才位の時代である。そこに登場する梅ちゃん先生の父親が“頑固でちょっぴり偏屈”な父親なのだが、このドラマの父親を見ると、ちゅうの親父を思い出す。これほど“頑固でちょっぴり偏屈”ではないが、姉や兄貴から色々、親父にまつわるエピソードを聞いた。
面白かったのがこれ☟
oyaji.jpg
食事中は、喋ったり、歯を見せてはいけないと言う事で、「無言の行」で食事をするのだが・・・!?
そんな静けさの中で、どうしても“たくあんを噛み砕く音”だけは出てしまう。
『ポリポリ、ポリポリ』
たくあんを噛む音だけが食卓に響き渡り・・・。その音を聞いて、兄達の一人が歯を食いしばりながらも『クスクス』と笑い出すと、皆、我慢出来ずに『クスクス』と笑いの輪が広がったそうです。が、ここで父親が一喝!全員シーンとなってのくり返しだったそうです。なぜか、今思うとホンワリした時代のような気がします。
ちゅうの昭和の時代を見たい方は☞「ちゅうさんの猟奇的日常秘画」の「昭和に効いた薬」をご覧ください。
スポンサーサイト

コメント

古きよき時代

頑固親父、頑固教師たちがいてこそ、いい時代だったような
気がします。

わが父は頑固を過ぎて理不尽だと思ったものです。
心中「○ソオヤジ!今に見てろ」なんて、一日も早く独立したい
気持ちにさせてくれたことにある意味感謝かな(笑)

昔の人は、これだけは譲れないというものをたくさん持っていたのでしょうね。
今のわたしたち、せめてそういうものを二つ三つ、頑固に持ち続けて
いきたいものです。

ところで、お客様、もうお見えになりんしたか?v-290
我が家は久しぶりの4人食卓で、毎晩食事作りがんばってます~

刻一刻と・・・!?

今月末です。
あちこちきれいにしてます。

NHK連続ドラマ

前の会社で昼ご飯を食べた後12:45に、数人でテレビ前に椅子を並べて大笑いしている60過ぎの親父達がいた。

自分ちで見ろっ、ちゅうの。

Aクラブでは!?

お勤め人の方は(現役と言う!)、その時間帯は出勤で電車の中だと言ってました。また、無理をせずテニスを楽しみ出しました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryoukitekityu.blog74.fc2.com/tb.php/670-46a9d2b2


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。