プロフィール

猟奇的ちゅう

Author:猟奇的ちゅう
毎日が、興味津々の男です。
その日、感じた出来事など写真
イラストなど添えて書き記して
いきたいと思っています。


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業者泣かせ!?

我が家2階のバルコニー(昔で言う物干し場か!?)に配した丸太が長年の雨、風で朽ち枯れて見るも無惨である。
30数年前に建てた時は、L字型のバルコニーは珍しく施工業者も初めての経験だと珍しがれた。金型の受けに70ミリの丸太を配し当時ではモダンな造りだった。今ではアルミ成型で簡単でおしゃれな物が出来るが。で、話は戻るがその丸太がボロボロ。そこで、器用貧乏を自他ともに認めるちゅうの登場だ。まずは、丸太の調達だ。しかしながら最長2m77㎝の丸太がどこを探しても見つからない。ホームセンターに行けば、すぐに手に入ると思ったが「丸太杭」はあるが「丸太棒」は無いと言うことだった。が、やっと見つけた。柏にある木材店の社長さんが、探して手に入ったら知らせてくれると言う。
itouzaimoku.jpg
待つこと一週間。連絡が入り喜び勇んで受け取りに行った。一本(3m)の丸太を2本購入。取り付ける寸法に合わせての4本のカットは無料でしてくれた。
さて、本日はバルコニー朽ちた丸太棒の撤去作業だ。またまた難作業だった。丸太棒に深くねじ込まれた十数本の止めねじを取るのが、これまた悪戦苦闘。どうしても取れないのは、鋸で引きミノで叩き、やっとこさ取り除くことが出来た。
maruta.jpg
丸太を取り去った後の金具部分は、案の定腐食が進んでいるので防さび剤とペンキを塗らなければいけない。その前にこびりついた細かい鉄錆を金ぶらしで取り除く。梅雨の合間の作業。さて、何時出来上がることやら!?
balcony.jpg


スポンサーサイト

コメント

Safety First!

時間はあるようですので安全第一で気長にやってくださいv-219

そのうち有り余る程の時間が?

本日は、鉄骨部分の錆び止めの塗り作業。
後日、上塗りでペンキを。
その後丸太を防水、防腐の保護塗料を。
あぁ、急がし!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryoukitekityu.blog74.fc2.com/tb.php/654-718671c2

まとめtyaiました【業者泣かせ!?】

我が家2階のバルコニー(昔で言う物干し場か!?)に配した丸太が長年の雨、風で朽ち枯れて見るも無惨である。30数年前に建てた時は、L字型のバルコニーは珍しく施工業者も初め

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。