プロフィール

猟奇的ちゅう

Author:猟奇的ちゅう
毎日が、興味津々の男です。
その日、感じた出来事など写真
イラストなど添えて書き記して
いきたいと思っています。


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kokkaigijidou.jpg
高層ビルの谷間から日本の中枢のシンボル国会議事堂が。
第三勢力の勢いに沈没寸前の現政府にも見えた。
お大事に!
スポンサーサイト
恒例のクラブチームの戦いが始まった。もちろん、ちゅうの大好きなテニスですが。
mleague.jpg
※試合のショットではありませんが、ちゅうが所属しているある日のテニスクラブ風景です。
やっと頸椎損傷の痛みも遠のき、慎重に慎重にテニスを再開して二ヶ月が経ちました。昨日は、シングルスNO2で試合に臨みました!が、何と対戦相手は、バリバリの現役大学生。試合が始まった!
初っぱなからサーブのお、恐ろしいこと!
ラケットを振り抜いた瞬間に、ちゅうのコートにドッカーンと突き刺さる!それでも勇敢に迎え撃つ!ヘロヘロとやっとこさリターンすれば、錦織選手のエアーKのごとく、またまた情け容赦なくの剛球リターンだ!の繰り返し!
ゲームも早々と0:5となり、タコで終わるのかと思いきや、対戦相手の若者が勝手にミスをして1ゲーム落としてくれた。
その瞬間、ちゅうは右手を高々と挙げ、まるで勝ち誇ったような雄叫びだ!!応援してくれている仲間たちや、対戦相手の応援団も感動の拍手なのか、哀れみの拍手なのかは定かではないが、確かに大きな拍手がコート内に響いた。
が、そこまでであった。鋭いリターンを返そうと、横っ飛びした瞬間「ビッ!」と左足の脹ら脛に痛みが!
ここで棄権は男がすたる。取りあえず、試合を中断し、30秒ルールで応急処置をする。試合続行だ!相手の若者も、同情してくれているのか“武士の情け”でフンワリとしたサーブを動けないちゅうの目の前に打ってきた。痛い左足でリターンするにも次が動けない。申し訳なさそうに開いているコートに軽くリターンしてきたボールが転々々・・!
年の差はもちろんだが、力の差も歴然としている。とんだ“年寄りの冷や水”“老兵は静かに消え去るのみ”を自覚した若者との対戦でした。が、負け惜しみにもならないが、楽しく対戦できた試合でした。
残念な事にチームも総合で負けてしまったが、このリーグ戦はまだまだ続く。
仕事の打ち合わせで、汐留のクライアントへと向かう。が、その前に腹ごしらえと言う事で、トンカツの美味しい店へ行ったがすでに満席でその後ろでは、次を待つ客で一杯だった。即、あきらめ次の店をと探すと、本邦初お目見えの『立ち食いすし処』の店を見つけた。
tatiguisusi-1.jpg
昨日、オープンのお店でその名の通り、立って食べる寿司やさんだ。店内はこじんまりしているが、ガラス張りで明るく清潔な印象である。
susitennai.jpg
お好みコースは、一度に2貫がお約束で板さんに注文する。高いもので一貫200円。安いものは一貫80円からとある。
隣の若い女性からは、口に握りを運ぶごとに「美味しい!美味しい!」と感嘆の声が。確かに、回転寿しの店とは違いその場で握ってくれるから新鮮だわな。でも、やっぱり寿司はカウンターに座り、ゆったりと味わいたいものですね。それでもそれなりに満足し、目的地に向かう途中に「オッ!?」と発見しました。
katyou.jpg
確かここは、敷居の高い料亭の筈!が、お品書きを見るとお昼のメニューは1,000円から。
これは魅力的だ!次の機会に忘れず入ってみようと、記念にパチり!
それにしても、節操のない!信念の欠片も無い輩達よ!
kaisan.jpg

世界発!?

駅のホームに設置されている自販機が何と!?
jr-1.jpg
液晶画面になっているではないか!それもボトルの購入はタッチパネルで!驚いた!
従来の見慣れた自動販売機。
jr-2.jpg
この自販機にディスプレイしてあるボトルは見えている部分のみで、後ろ半分はカットされている。
これもスペースを確保する画期的な方法として設置されたものだ。そして、液晶画面の自動販売機のお目見え!
驚きの発見を友人に話すと、「もうだいぶ前から知っていたよ!」と。
めまぐるしい世の中、巷のチョットした所でも驚きの変化があるのね!
そう言えば、日本の誇るスーパーコンピューター「京」が、第三位に転落したとか。二位でも駄目だったか!?
博多で一日仕事の依頼が。前日夕方に出発。浜松町からモノレールに乗ると!?pokemon.jpg
車両内のデコレーションは、全て「ポケモン」のキャラクター。羽田空港の格納庫前には、初めて見る尾翼に日の丸の政府専用機が。夜、7時過ぎに福岡空港から地下鉄に乗って二駅の博多駅に到着。お目当てのお店に向い、これもリサーチ済みの「もつ鍋」を注文する。
motunabe.jpg
想像していたよりも味、食感が今イチだったな!?その他にも、「馬刺し」も注文して食べたが、これも筋があってなおかつ、馬肉そのものが固かった。奥歯に噛み切れなかった肉が挟まり閉口した。が、お店の女の子は愛想も良く、親切だったね。前もって印刷した「クーポン」を提示したら柚子シロップ(多分?)のアイスをデザートとしてサービスしてくれた。買い物に行きたいお店を尋ねると、わざわざメモまで書いてくれた。フム!福岡の女の子はやさしい
前もって、お土産を買う。お目当ては我が家で大好きな「大原松露饅頭」だ。
jyouromanjyu.jpg
そこで見つけたのが季節限定の「太閤福」。
20fuku.jpg(写真は太閤福12ヶ入840円)
伊勢の「赤福」に似ている。これも食指が動いたが、日持ちしないらしい。名残惜しそうにしていたら、何と手提げ袋に「太閤福」の箱が!?『エッ!?これは?』と聞くと、『サービスです!冷蔵庫で保管すれば二日間位持ちますから!』と女性店員さんニッコリ!
ウッウ〜!福岡の博多の女性はなんてやさしいいんだ
ホテルに入るなり、早速客室の冷蔵庫に保管し、翌日はフロントの係にお願いして、会議が終わるまで冷蔵庫に保管してもらう。
ホテルのロビーには、11月だと言うのに、もうクリスマスツリーが飾られていた。
hiato.jpg
『早いね!』と、突っ込みのちゅう。案内の女の子『お客様皆さんそうおっしゃいますね!』と苦笑していた。『でも、楽しい事は早めにしても悪い事じゃないよね!』と、フォローのちゅう。『そうですよね!』と笑顔で返す女の子。
ウ〜ン!博多の女の子は笑顔がかわいい
朝のホテル前の公園。清々しい!
hoterumaekouen.jpg
9時から5時半までの仕事も終わり、再度、博多駅に向かう。お目当ては、これまた我が家、皆大好きな「ふくや」の明太子を土産にするためだ。
hkatafukuya.jpg
大好きな「無添加明太子」
fukuyamentaiko.jpg
熱々のご飯に明太子を乗せて・・・!『う〜!たまらん!』。
そして博多を訪れた記念にと、博多ならではのストラップを購入。早速、付けました。
「明太子キューピ」
mentaikostorappu.jpg


fukuokayatai.jpg
魅力的な中州の屋台。いや!いや!仕事で行きますので、か、関係のない写真でした。
急遽決まった、福岡での一日仕事。当日着では何があるか分かりませんので、前泊する事になりました。
では、本日夕方出発します。ウキウキ!いや、気を引き締めて行って参ります。
影の声:『もう、美味しい所も調査済み!なのよね!!』

お茶の水聖橋

hijiribasi.jpg
神田川に映る聖橋のアーチが美しい。夕方5時過ぎ。勤めを終えた人々が家路へと急ぎ足で駅に向かっている。
長年、付き合いのある友人がこの近くの大学病院に入院している。そのお見舞いの帰り道である。
友人は、私より3才若い。8月の初めから、病状が発覚し、その治療とリハビリ、そして原因不明の胸部の痛みの原因を探るべくの検査入院だ。人恋しかったと見えて、翌日の検査の説明を受けるため中座するときも「帰って来るまでいてくれ!」と言う。なんだかんだで2時間もの間話し込んでしまった。彼は、元来話し好きな男で喋り出すと止まらない。また、しゃれや、駄洒落も連発する明るい男なのだが、こちらが色々突っ込みを入れても、力なく苦笑するばかりだ。下手をすると、この検査入院も12月まで掛かるかもしれないと言う。穿った見方をすると、医者の良い○○ではないかと!?若いときから、病弱と言う訳でもなくスポーツも色々楽しんでいたのに!?“明日は我が身か!?”と考えさせられたお見舞いであった。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。