プロフィール

猟奇的ちゅう

Author:猟奇的ちゅう
毎日が、興味津々の男です。
その日、感じた出来事など写真
イラストなど添えて書き記して
いきたいと思っています。


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん!「cool japan」って知ってますか?
“かっこいい日本”と言う事ですかね。この「cool japan」をNHKの番組でも紹介しています。外国人が見た「かっこいい日本」の文化や物などを紹介している番組です。
そこで、またまた「かっこいい日本」を発見!
それは日本政府が満を持して発刊した、世界でも類を見ない1年に一回だけの政治漫画誌「パラパラ漫画」である。
parapara.jpg
アメリカの報道官もこの「パラパラ漫画」を絶賛しておりました。・・・なんてネ!「フ~ッ!」
スポンサーサイト
「ほととぎす ○○は 国のトッパズレ」のある地元企業の広告デザインを手掛けた。読者の皆さんに可愛がっていただくように、いま流行の「ゆるきゃら」イラストを創った。
         s-tirashi.jpg
この会社の主要商品をモチーフにした、かわいらしい二つのキャラである。
男の子は「だっ平くん」(だっぺいくんと言う。)
女の子は「ちょう子ちゃん」(ちょうこちゃんと言う。)
この二人が人気者になって、全国区に成長したら・・・
新聞折り込みみチラシを何枚か見ていたら、魅力的なアルバイト広告が載っていた。が、そのバイトの内容の文章に違和感を覚えた。
marumarusyouhou.jpg
それこそ、危険な臭いがプンプンと漂うのですよ。
早速、Googlで社名やその他のキーワードを入れ、検索してみた。
すると!
「悪徳」「インチキ」「危険」「だまされるな!」「ぼったくり!」「○○円請求された!」などなどのオンパレード。
善良な皆さん“おいしい話”には念には念を入れてネットなどで調べた方が良いですよ!
例年お盆前に、ご先祖様の供養として墓前に出向き供養を兼ねてお墓掃除をする。
kasama.jpg
夫婦、手分けして墓石の回りに生えた雑草を抜き取っていたその時!背後に何か得体の知れない黒い影がすごいスピードで通り過ぎた。
『ギョ!!ギョ!!』いつも、ほったらかしにしているご先祖様の怒りに触れたか・・・と、後ろを恐る恐る振り返って見ると、そこには、し、信じられない光景が!
haka0.jpg
             
             
             
kasamorikumi.jpg
隣で雑草を抜いていたカミさん、根の深い雑草を力一杯抜こうとした瞬間、抜けたは良いがその反動で後ろに吹っ飛んだのである。飛ぶ事1m強。それも通り道から40㎝も高い墓前からである。が、打撲や怪我一つなく苦笑しながら(照れ笑い?)起き上がった。これは日頃の不信心によるご先祖様の怒りか、はたまた頼りない墓守をご先祖様が守ってくれたのか・・・?まっ!ご都合よろしく後者としておこう!
スロージョギングを初めてかれこれ半年になる。
前回では、この暑さをしのぐために木立の日陰のある所をできるだけ選んで走ると書いた。
が、もう一つこだわって走っている。それは、坂道を選んで走る事だ。
それも自分に負荷を掛けるため、のぼり坂を探しながら走ると言う事だ。
最近のコースは、大学が保有するゴルフショートコース裏手の道が最初ののぼり坂である。
saka1.jpg
saka2.jpg
こののぼり坂を過ぎると、第二ののぼり坂が待っている。ここも緩やかではあるが長いのぼり坂だ。
ここまで来ると汗が滴り落ちてくる。
saka3.jpg
そして第三ののぼり坂を・・・!
saka4.jpg
ここから、左に折れて閑静な住宅街へ。
maegasaki.jpg
毎回走りながら感心するのだが、何時通っても吸い殻やゴミが一つとして落ちていない。ここだけではなく日本の住宅街は本当にきれいに整備されているし、マナーの良さは世界一だね。
まっさらな(?)通りを過ぎると最後で最大の難所が待っている。
saka5.jpg
息を整えて挑戦だ!と、まぁそれほどの事ではありませんが・・・
のぼり終わると、後は我が家まで平坦な道だ。走る事1時間弱のコースである。後は半身浴とシャワーでサッパリ!

通り雨が過ぎた午後4時。
毎度おなじみ、スローなジョギングを!
日差しが戻ってきたのでヒグラシが一斉に鳴きだした。
ゆっくり走っていても汗が滴り落ちて来る。
日陰を求めてうっそうとした木立の間を探し、走る。また探し、走る。
j0.jpg
j1.jpg
j2.jpg
新しい道。新しい景色を探しながら走った1時間。
「あ~っ、楽しかった!」

やらせ?さくら?

新宿のとある商店街。貴金属“叩き売り”のウインドウの前でジッと下を見つめながら動こうともしない若者。その前で声を張り上げて口上を述べている中年の店員。
「ネックレスに若者!?」と不審に思いながら通り過ぎる。数分してまた同じ店の前を通ると、かの若者は同じ姿勢でネックレスを見つめている。
「桜か!」今、不評紛々の『保安院』の“やらせ”を思い浮かべた。
        yarase.gif

“さくら”とは=ちょっといかがわしい店などで、客の買い気をそそるため、客のふりをして買い物をするそぶりを見せる仲間。保安院の「やらせ」にも通じる。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。