プロフィール

猟奇的ちゅう

Author:猟奇的ちゅう
毎日が、興味津々の男です。
その日、感じた出来事など写真
イラストなど添えて書き記して
いきたいと思っています。


FC2カウンター


カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1977年 5月

約35年前、初めての海外旅行先はロスとカリフォルニアだった。一緒に行ったKさんが、撮った写真をDVDにまとめて送ってくれた。もちろん1977年代に流行った歌のBGM付きである。ちゅうの大好きなイーグルスの「ホテル カリフォルニア」も入っていた。もう、『ちゅう、感激!』。
fle3.jpg
街も人も車も、何もかもがデカかった。d5.jpg
赤い帽子のちゅうの後ろにいるのが、今は亡きCM界の“天才”ヒロさんだ。と、ちゅうは今でも思っている。
35年前のボルボ。えらくクラシカルでおんぼろの車である。が、しっかりと動いているらしい。
volvo_20110131175813.jpg
なんと、後で気が付いたのが☟の写真。手前の車は“ホンダのシビック”である。
ucla.jpg
後ろ姿のちゅうとヒロさんが写っている。
UCLAのキャンパスに立ち寄ると学生達の野外コンサートが催されていた。
正に1970年代のファションである。(ロン毛に口ひげ、そしてジーンズはラッパ!)
ucla1.jpg
自由の国、アメリカを満喫した懐かしく、また良き時代でした。
この道中でのエピソードを漫画にした「ちゅうさんの猟奇的日常秘画」は、こちらからどうぞ!
スポンサーサイト

大都会・新宿

久しぶりに新宿へ行く。新宿には画材を求めて「世界堂」に直行するのみで、本格的(?)に新宿界隈を歩いたのは10年ぶり位である。
もう、大変!平成の「浦島太郎」状態で目的地を探す事、小1時間も費やしてしまった。
新宿に行ったついでのもう一つの目的は、トンカツで有名な京都三条「かつくら」で昼食を摂る事だった。
カミさんが一度味わった時に、えらく感激したとの事。
それではと言う事で高島屋の14階のレストラン街へ行ってみたのだが!?
katukura1.jpg
午後一時前なのに10人程、長椅子に座って待っている。ここまで来たのだから待ってみようと、最後尾に移動して待つ事にした。
幸いな事に、ちゅう一人だったのでカウンター席をすぐに案内してくれた。
注文したのは、「湯葉コロッケとヒレカツ」の季節膳だ。
そこにお好みで「自家製の京漬」か「ゆず風味白みそあんかけ豆腐」が選べる。後者を頼んだ。そして待つ事10分。
ktukura2.jpg
ご飯は、麦が混じっているので柔らかめに炊いてある。と、一端の料理研究家のごとく推察する。
みそ汁は、やはり白みそだ。ヒレカツには白ごまを摺った器に2種類の好みのソースを入れて味わう。
写真には載ってない「あんかけ豆腐」は冷めてしまうので先きに食べてしまった。
コロッケは、特性のおろし酢で食べる。揚げ物なのに、くどくなくさっぱりとした味であった。
・・・完食!お代は、1600円也。
昼食代金の上限にうるさいAtomさんからおしかりがあるかもしれないと思いつつお茶を啜る。
追記:後ろの席の男性がみそ汁のお代わりをしていた。
『残念!お代わりが出来るんだ!?』と思いながらも、みそ汁は一杯で我慢をした。
二日続けてランチが中華だった。神保町で中華の定食780円。メインは牛肉の野菜炒め(回鍋肉)だが傍らの麻婆豆腐の量がえらく多かった。
完食!お腹いっぱいでした。ちなみにお店の人全員、中国人だった。
chyuka1.jpg
次の日は、神楽坂近くで目に留まった海老専門の中華屋さんに入った。店員さんも、シェフもやはり全て中国人。
前日と同じようにここでも回鍋肉(ホイコーロー)定食を注文する。750円。
だいぶ待って出てきたのがこれだ☟ 麻婆豆腐は控えめに小皿である。
chyuka2.jpg
回鍋肉はこのお店の方がおいしいが、麻婆豆腐は前日の方がちゅう好みだった。ただ気になったのは後者のシェフがスープを出す時、親指が器の内側をしっかり掴んでいるのには・・・目にしたくなかったな!
が、ここも完食!しかし、家に帰ってからの夕飯が中華なのには・・・う~~~む!

夏子の酒

仕事の都合で、表参道方面に行く。途中横道にそれた場所に新潟のアンテナショップがあった。
「表参道新潟館ネスパス」
nigata1.jpg
早速、店内へ!
nigata2.jpg
ここで見つけたのがこれだ☟
nigata3.jpg
棚の中心にある清酒、「夏子物語」。漫画の原作「夏子の酒」で、テレビドラマにもなったものだ。
主演の和久井映見が初々しくてかわいかったのを覚えている。このドラマで知ったのが、今では幻の酒「亀の尾」だ。一度、その幻の酒を味わいたくて探したのだが手に入らなかった。このショップの男性に尋ねたが、年に5~6本入荷出来れば良い方との事だった。この「夏子物語」のお酒も同じ酒造メーカーの姉妹品との事。買うのを迷ったが、次回にと店を出る。興味のある方、一度覗いてみては!?
tyunwehp11.jpg
今日は成人式の祝日。と言う事で(?)ちゅうのホームページ「新 ちゅうさんのペーパーな毎日」を恥ずかしながら、ちょっぴりリニューアル!
2011年 トヨタ勝又グループカレンダーで採用されました、ちゅうタッチイラスト、「ヨーロッパの風景」を月ごとに紹介いたします。お暇な時にでもご覧になってください。
porto.jpg
下戸のちゅうが、去年の暮れからハマっているのがワインだ。が、ワインの講釈をあれこれ言える程飲んでもいない。まだ3本目だからね。
ワインがおいしいなと思ったのは、去年の暮れに仲間内の忘年会で飲んだワインが切っ掛けだった。
元々炭酸系が苦手だったのもある。ビールはすぐ腹にたまるし、コップ一杯で酔ってしまうし!?
その点、ワインは食前酒として自分なりに一杯でも満足がいく。と、言う事で今年からはワインである。
スーパーなどワインの陳列棚には各国のワインがふんだんに紹介されている。
一つ一つ講釈を読んでもどれが美味いのかチンプンカンプンだ。仕方ないのでイメージで決める。
ワインはサイズにもよるが安いものでは300円台から買い求める事が出来る。
そして、ただいま3本目。真ん中の黄色いラベルのボトル。ポルトのS姐さまから送られた白ワインをいただいている。ネットで調べてみると、このワインはポルトの代表的な白ワインらしい。
口当たりもさっぱりしていておいしい。S姐さま、ごちそうさま!
と、まぁどうしようもない下戸のワイン談である。
明けましておめでとうございます
toyota23.gif
去年のコンペでトヨタ勝又グループさんのカレンダーに採用された、1月掲載のイラストです。
各月の始めには、月ごとのイラストをご紹介して行きますので、ぜひご覧になってくださいね。
ここで一句。
「めでたさも ちゅう位の 日本晴れ」 お粗末!

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。