プロフィール

猟奇的ちゅう

Author:猟奇的ちゅう
毎日が、興味津々の男です。
その日、感じた出来事など写真
イラストなど添えて書き記して
いきたいと思っています。


FC2カウンター


カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


謹賀新年!

平成23年の元旦を迎えるにあたり、玄関前に飾るお正月用の飾り物と床の間用を作りました。
お好みのデーターをダウンロードしてご使用ください。
          newgenkan.jpg
※囲い線が、断ち切り線です。
        H23tokonomayou.jpg
※床の間用はA4サイズです。


スポンサーサイト

年の瀬のCool Japan!

知る人ぞ知る!某大手広告代理店のフロアにて。
d1.jpg
d2.jpg
クールですね~!粋ですね~!
妻が行く予定だったコンサートチケットを譲り受けて柏市立文化会館に向かった。
毎年行なわれる“市立柏高校吹奏楽部”のチャリティーコンサートである。
この“いちかし”(我々、地元ではそう呼ぶ!)の吹奏楽部はすごい!の一言なのである。You Tubuでも紹介。
“吹奏楽の甲子園"とも言われる全日本吹奏楽コンクール(東京都杉並区・普門館)では、県代表として出場し、全国優勝(金賞)を何度も勝ち取っている常連校である。
現在部員は、150数名だそうな!?(この部員数にもビックリ!)そして静かに幕は明けた。
ichikashi1.jpg
ichikashi2.jpg
ichikashi3.jpg
クラシック、ジャズ、マーチ、ポピュラー、演歌、沖縄民謡とダンスやパントマイムなど、これでもかと言う連続のパフォーマンスで圧倒された。
「もう、すごい!すごい!」の連続!興奮!歓喜、感動!の2時間でした。
余談ですが、毎年行なわれる”いちかし”のコンサートのチケットは、そうそう手に入らない“プラチナチケット“なそうな!
ちゅうのブログ、二つ前でも紹介しました「パルコール嬬恋リゾートホテル」からのデザイン注文の続き。
今回はイラストのポストカードをご紹介いたします。
thumagoiwin.jpg
冬山をバックにしたホテルのイラストは、トヨタのカレンダーにも掲載されている“ちゅうタッチ”のイラストでデザインした。今が旬のポストカードである。
夏用のホテルのポストカードは、嬬恋を代表する花「りんどう」のイラストを前面にレイアウトし、高原の爽やかさを強調した。
thumagoisam.jpg
この、おしゃれな(当人が言うのもなんですが)ポストカードはホテル内の売店で販売してるそうな。
パルコール嬬恋リゾートホテルにお泊まりの際にはぜひご覧になってください。



忘年会シーズンの12月。今夜は西麻布で旧知の友人達との忘年会だ。雨の中、早めにきて六本木ヒルズへ向かう。
hills1.jpg
植え込みには、ちょっと変わったイルミネーションが。
遠くにオレンジ色の東京タワーが美しい。
東宝シネマで時間つぶしに映画を見た。
hills2.jpg
チケットを購入するとき「シニアで!」と言うと『身分証明証を!』と言われた。何回もシニアで利用していたので提示を求められたのには、一瞬、驚いた。まっ!あたりまえではあるが!?『原理原則に忠実ね!』と感心(苦笑)。
映画を見終わっても、あと2時間近く忘年会のお店に入れないので西麻布界隈をお上りさんよろしく見て回った。
さすが西麻布!しゃれた店もあるが、このご時世で閉めた店もちらほら。
やっと時間になったのでお店に入ったら、最初の客はちゅうのみ。雨の月曜だから致し方ないか!?
az.jpg
気の置けない連中であるので、大いに飲み、食べ会話も弾む楽しいおじさん達の集まりであった。
tsumagoi.jpg
ある日、一本の電話が入った。
「キャベツ畑の中心で愛を叫ぶ!」で有名な群馬県嬬恋村の山上にある「パルコール嬬恋リゾートホテル」さんからの電話だった。話の内容は包装紙デザインやポストカードのデザインの依頼であった。
発注担当のSさんは29歳の体育会系の男性だ。この担当者の最初の言葉が「デザイン料は少ないがセンスのあるデザインを頼む!」だった。が、仕事を受けてからのこの男性のデザインチェックの駄目出しが半端でなく厳しいのである。
何度も修正する事一ヶ月。デザインを起こす傍ら、包装紙に使用する洋紙を都内の専門店に何度も出向き選んだりもした。
そして、やっと日の目を見る事が出来た力作(?)がご覧の包装紙2点である。
ちなみに、駄目だしチェックの厳しい発注担当は「ちゅうの息子(長男)」である。
ちゅうの今年一番のニュースと言えば、トヨタのディラーでは国内最大規模であり、世界中のトヨタディーラーの中でもトップクラスの販売量を誇る(ウィキペディアより)「トヨタ勝又グループ」のカレンダーにちゅうのイラストが採用された事だ。
今年の3月に、広告代理店のSさんからコンペに参加しないかと言う電話が入った。
コンペと言う事は競争相手がいると言う事だ。ライバルは4人。
そのすべてが海外のアーティスト達だ。彼らの作品を見ると個性的ですばらしいものだった。
「ウムムッ!?厳しい~っ!」
が、なんと、なんとちゅうが勝ち取ったのだ。
9月の始めにSさんから連絡が入った。「決まりましたよ!」
カレンダーの表紙には「SAKAI TYU」の文字が!
「う~ん!ちゅう、感激!」
2011tyucarender_20101205232524.jpg
表紙デザインも、パステルカラーの洗練されたデザインで美しい!大いに気に入りました。
思わせぶりで申し訳ありませんが各月ごとのイラストは、近いうちに「ちゅうのホームページ」で紹介いたしますね。

今年の富有柿は!

fuyuukai.jpg
去年は、1個か2個だけしか成らなかった柿が今年はご覧のようにたわわに実っている。
一枝に7~8個の柿が固まっているのもあるので、いざ、摂る時には二人掛かりである。
一人が剪定鋏で摂る。そこでもう一人が、柿がこぼれ落ちても下でキャッチすると言う事だ。
柿(富有柿)が甘く食べごろとなるのには二つの目安がある。
一つは、葉がほとんど散り終わる頃。(この時期、毎日の掃除が大変だ!)
もう一つは、カラスや、小鳥達が成っている柿を突っつくようになったら収穫の時期だ。
この見極めをしっかりしないと大半をカラスたちが食い荒らしてしまい、残りの僅かを我々がいただくと言う結果になってしまうのだ。
ここ最近は毎朝、柿の木を見上げながら収穫の時期を思案している状況である。

Powered by FC2 Blog