プロフィール

猟奇的ちゅう

Author:猟奇的ちゅう
毎日が、興味津々の男です。
その日、感じた出来事など写真
イラストなど添えて書き記して
いきたいと思っています。


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


急遽、カミさんと二人で北府中を訪ねた。新松戸から武蔵野線に乗り、揺られる事1時間ちょっとで北府中に着きました。
ここは、東芝町と言う町名で分かるように家電メーカーの「東芝」の工場があるところです。
kitafutyu.jpg
初めて降りた駅前の寂しい事。そして目的の場所に向かったのですが(東芝ではありません。)、迷う事小1時間。
付近の公園は秋色に染まり、太陽の光を浴びてキラキラと輝いています。
futyuperk.jpg
ityounamiki.jpg
銀杏並木の鮮やかな黄金色に目を奪われながらもやっと目的地に着きました。「ゼーゼーゼッ!」
カミさんも疲労困憊の状態でしたが、やっと目的の場所で満足の行くものとなったので疲れも吹っ飛んだようで帰りはご機嫌でした。
今日のように知らない街を尋ねるのは、幼い頃と変わらずわくわくするものですね。
で、千葉県、埼玉県、東京と2県1都を越えて北府中を訪ねた訳は・・・秘密!
スポンサーサイト

ベテランテニス!

テニスクラブのウッチーさんからのお誘いで、金町にあるテニスクラブに行く。
待ち受けていたのが歴戦の猛者達である。全日本シニアの大会で活躍しているTさん。インカレで活躍したIさん。
ある大きな大会でシングルスで優勝していると言うクラブ専任コーチのTさん。もちろんウッチーさんもミックスの優勝体験者だ。
それに反して・・・ちゅうはド素人。ビビるな~!
kanamati1.jpg
kanamati2.jpg
対戦相手を変えて、ダブルスやシングルスの試合をいくつもしたが一つも勝てず室内コートも夕方になり暗くなったので(こちらのクラブでは会員さんが使用していても、照明は別料金か!?)お開きとなりました。

青山周辺

徹夜明け二日後の晩秋の青空が爽やかです。
akisora.jpg
この白い雲を何と呼ぶのだろう・・・?
『イワシ雲』、『サバ雲』、『すじ雲』、『けん雲』...!?などと考えながら東京は青山に向かう。
目的の場所は、北青山(正しくは渋谷神宮前)にある青山見本帳だ。
aoyamamihontyou.jpg
ここは洋紙専門「竹尾」が経営する、「紙」に関するあらゆる相談を受けてくれるところだ。目的の洋紙をサンプルとして購入。
昼時だったので、ちゅう好みの韓国料理「東京純豆腐」の店に入る。
注文したのは、「牛タン純豆腐」1,300円。
aoyamasundobu.jpg
辛さも五段階位あり、“やや辛め”を注文する。文字のごとく牛タンと豆腐がメインである。
メイン以外のおかずは専門の韓国料理屋さんに比べると少なくて物足りない。
味はまあまあだが、何か物足りなさを感じつつ店を出る。
途中、ちゅうが青山にいた頃頻繁に通っていた無国籍料理店「魂」(ソウルと読む)の店が無くなっていたのには、いささかショックを覚えた。・・・『美味かったのにな~!』。

太宰府から!

後々まで胃にもたれるような中国ごり押し料理や、低級な永田町国会料理に辟易してるお方にもってこいのさっぱり系おかず(?)のご紹介です。
umehijiki.jpg
太宰府十二堂えとやの「梅の実ひじき」
    umehijiki1.jpg
そのまま振りかけて食べても良し!お茶漬けでも良し!
お口直しにお薦めです。
なんとも、当たったような当たらなかったような曖昧模糊なビデオなので「当局は関知せず!」と発表した。
        kansouri.jpg

幸せな夢。

夢を見た。徹夜明けの疲れか、夕食を摂った後ゴロリと横になったら眠ってしまった。
幸せな夢だった!
23taoio.jpg
23年前の子供達が登場する夢だった。夢の中では23年前の子供と接している自分がいた。
ちゅうも23年前の自分だったかは定かではなかったが、子供達は昔のままだった。
甘えん坊の次男。ちょっと兄貴気取りの長男がそこにいた。夢を見ている間、ちゅうは笑っていたかもしれない。
フと目が覚めて起き上がったら、目の前に27歳の次男が遅めの夕食を摂っていた。
「いま、お前達の子供の頃の夢を見ていたよ!」と言うと次男はニヤリ!と笑った。
こんな夢だったら、毎日見ても良いな!と、思う自分と『年を取ったな!?』と思う自分がいた。
先手番、中国代表・無理編にごり押し得意のワン・マンさん。
後手番、日本代表・後手、後手を得意とするドン・かんさん。
       nittyuyukou.jpg
<先手番、中国代表の特徴>
手筋は悪いが先手、先手と仕掛けるタイプ。無理と分かっても強行する。この業界ではいたって評判が悪い。旗色が悪くなると奇手を連発する。負けを絶対認めないタイプである。
<後手番、日本代表の特徴>
勝負の見極めが非常に遅い。相手の強攻策に付いて行けず、後手後手になる。大局観もゼロに等しい。元日本代表の
鳩山迷人と同じように頭の切れる取り巻きがいない。良く「人徳が無い」とも言われる。時に人ごとのような解説者ともなる。最近は覇気が無く、虚ろな表情を頻繁に見せる。
さて!双方、次の手は!?好手か?奇手か?投了か~!?
熊本ラーメンの老舗「桂花」民事再生法申請の記事が載っていた。写真は「桂花」新宿店。
ramenkeika.jpg
熊本ラーメン「桂花」は40数年も前の学生時代、新宿で見つけた豚骨ラーメンがメインのラーメン店だ。
醤油ラーメンか札幌ラーメンしか知らなかったちゅうには、「桂花」のラーメンは新鮮で衝撃的な味だった。
keika.jpg
こってりしたスープに太麺、厚切りの焼豚、そしてシャキシャキのキャベツが新鮮な驚きであった。
それ以来、新宿に行けば必ず立ち寄った店だった。
創業は1955年と言う事で老舗中の老舗ではあったが、昨今のラーメンブームの競争について行けなくなってしまったらしい。
最近、新宿には滅多に立ち寄る事も無くなってしまったが、機会があったら“ちゅうの青春時代の味”を再度、確かめてみようと思う。

Powered by FC2 Blog