プロフィール

猟奇的ちゅう

Author:猟奇的ちゅう
毎日が、興味津々の男です。
その日、感じた出来事など写真
イラストなど添えて書き記して
いきたいと思っています。


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨もまた楽し!

ここ急激に朝晩が寒くなった。それに、ここ2日程雨の日が続いている。
コタツにしたいのだがコタツ布団は去年のままだった。洗濯屋さんに出すと一週間以上はかかる。
それまで待っていられないので、車で10分位のところにあるコインランドリーを利用する事にする。
coinlaundry.jpg
入ってビックリ!大盛況である。老若男女がかごや袋一杯に洗濯物を持ってきて洗濯、乾燥をしている。
ちゅうは、コタツ布団を2枚持ってきた。あいにく使用する洗濯機が一杯だった。
係の女性に相談すると洗濯、乾燥までやってくれると言う。乾燥まで約1時間。両方併せて1,600円だ。
ご厚意に甘えてお願いする事に。その間自宅に戻って別な用を済ませる事にする。
一時間後に戻ってみると乾燥機も止まっていた。
係の女性にことわってフカフカ熱々のコタツ布団を取り出し、意気揚々と自宅に凱旋!
何となくハマりそうな場所である。
スポンサーサイト

管一の寝返り!?

民主、企業献金を解禁 個人献金伸びず「自粛」転換 
名作「金自棄夜叉」   
       omiyakanithi.jpg
金の切れ目が、“腐れ縁”の始まりってか!?
でも、何人の人が「金色夜叉」のお宮、貫一のパロディ漫画と分かるか、そっちの方が不安!?

“赤上げて!白下げて!赤下げないで!白上げて!”
       demo_20101026092502.jpg
<反日デモ>横断幕に政府への不満、「不動産が高すぎる」「多党制にせよ」―陝西省宝鶏市
Record China 10月25日(月)17時43分配信
24日、中国で相次ぐ反日デモは経済発展が遅れている西部の陝西省宝鶏市にも飛び火した。同市で掲げられた横断幕には「不動産が高すぎる」や「多党制を導入せよ」など政府に対する不満を訴えるものもみられた。
まったく手前勝手なお国柄である!

青山そして北小金

六本木に行く。帰りはバスで青山に出た。7年前までは、この青山で事務所を構えていた。久しぶりの青山はやはりキラキラと輝いていた。
aoyama_20101023193455.jpg
表参道から千代田線で帰る。途中、ふと思って北小金駅で下車。クラブの酒好き、話し好きの連中が良く行く“不知火”と言う居酒屋へ立ち寄ってみた。
shiranui_20101023194002.jpg
格子から店内を覗くとやっぱり、『いた!いた!』。
(顔にモザイクをしても知っている人は知っている!)
osn.jpg
連中も、ちゅうが顔を出したのでビックリ!ここから花金酒宴の始まり!始まり!あ~っ楽しかった!
仕事で新橋へ行く。遅めの昼食をとるためお店を探すと「限定10食!」の看板が。
都合の良い事(?)に、ちゅうの好み韓国料理だ!お店は2階にある。
「いらっしゃいませ~!」と、おぼつかない日本語だが二人のアガシ(お嬢さん)が出迎えてくれた。
二人とも色白の美人さんでちゅうも思わずニッコリ!!
早速、「限定10食!」の料理を尋ねると「カムジャタン」とのことで早速注文する。
kamugetan1.jpg
熱々の「チゲ」(鍋)をアガシが運んで来た。
「カムジャタン」の「カムジャ」は「じゃがいも」である。2個のジャガイモが入っていた。チゲの上にはてんこもりのすりごまが。かき混ぜるとゴツゴツと固いものがあたる。豚の背骨が、これでもかと入っていた。取り分けたのが下の写真であるがまだまだ鍋には骨が一杯ある。
kamugetan2.jpg
赤唐辛子のスープだが、見た目程辛くはない。背骨に申しわけ程度に付いている豚肉を削ぎ落とす作業をやっと終え、そそくさと口に運び完食。「うむ!満足じゃ!」とレジへ向かう!
「ありがとうごじゃいま~す~!」のかわいい声を背に『料理も美味い!美人さんもいる!・・・また、来よう!』と邪な理由を付けて階段を下りるちゅうでした。
「限定10食!」のお値段は1,000円ポッキリ!

10月「月の砂漠」

tukinosabaku.jpg
ちゅう作:20数年前のペーパーイラストです。ヤシの葉はペン先。ピラミッドは三角定規と云う文具や生活道具シリーズの1点です。“ちゅうのHPはこちらから!”
お話はがらりと変わりますが、一年前のブログ「レントゲンで驚愕の~」で、中の首の骨が正常ではなくその影響で肩甲骨と二の腕に痛みがあるということを書きましたが、カミさんも最近同じように肩甲骨の痛みをここ連日訴えていた。
あまりにも痛がるので今日、ちゅうが診察してもらった整形外科医に連れて行った。
結果、なんと首の骨部分に新しく小さな骨が生まれているとの診察結果でした。
これが痛みの原因との事。まるで"親知らず”の歯のようですが、これも年齢から(加齢による衰え)来る現象と言う事だそうで、「そんな事あるの!?」とカミさんもちゅうも聞いてビックリ!
結局、痛みを和らげるのにはちゅうと同じようなストレッチを続ける事が肝心という。
(最近、ちゅうの肩甲骨の痛みはストレッチの効果が現れ和らいで来た。)
人間、年を取ると何が起きるか分からない!
???と思ったら悩まず、面倒がらず専門医へ!と言うお話でした。

家守=ヤモリ

雨戸を開けると
yamori_20101011223738.jpg
体長15センチ程のヤモリがすだれにへばりついていた。
そろそろと窓を開けても逃げようとしない。
ヤモリ=家守、守宮とも。で、調べてみた。
や‐もり【守宮/家守】
有鱗(ゆうりん)目ヤモリ科の爬虫(はちゅう)類。人家や周辺の林にすむ。体長約12センチ。尾はその半分を占め、自切・再生する。体色は灰褐色で暗色の斑紋がある。目のまぶたは動かない。四肢の指先は太い。ハエやゴキブリを食べる。
や‐もり【家守】
1 家の番をすること。また、その人。 2 江戸時代、地主・家主に代わってその土地・家屋を管理し、地代・店賃(たなちん)を取り立て、また、自身番所に詰めて公用・町用を勤めた者。差配人。

なるほど、建物の周辺の害虫をとらえて食べるのと、昔の「家守」の職業をヤモリの生態に重ねて呼ぶようになったのか!?
家庭を守るため、あくせく働く我々も“ヤモリ”と変わらないか!
話は変わって、今年も始まりました。Mリーグの初戦が!
意気揚々と適地に乗り込み試合開始は午後2時。
午後4時には早々と帰途に。あっさりと完敗でした。
残り5試合。いくつ勝てるだろうか?と思いながら!

松茸が!?

玄関コーナーの花壇に何と天然松茸が!???
matutake.jpg
松茸ごはんに?いや、土瓶蒸しに?いやいや、やっぱり焼いてビールの友に?迷ってます。
「楽天オープンテニス」を朝10時過ぎから夜の9時過ぎまで観戦しに行きました。
tyuariake.jpg
日中は日差しが強く、出で立ちはまるで外人傭兵のごとくでした。スタジアムに入ると奈良くるみ選手出場のシングルスの真っ最中!!
ariake.jpg
小さな身体で、大柄な外国人選手と戦いましたが負けてしまいました。でも、か弱い女の子(18歳)から繰り出す力強いストロークは相手選手を大いに悩ませました。自らの失敗に怒ってラケットを放り投げたり、雄叫びをあげたりのド迫力!
解説は、松岡修造さんです。熱く語る姿はテレビで見るのと同じ。
matuoka
プロとアマチュアの違いは・・・!?
プロは勝つとがっぽりと賞金が懐に入る!
アマチュアは勝っても会員費やコート使用料が懐から出るばかり!
プロの打球音は「カッシーン!」「グワッシーン!」
アマチュアの打球音は「パッコーン!」「ペッコーン!」
プロの外国人選手はコートマナーが悪い!(ボールを蹴ったり、ラケットを叩き付けたり!)
アマチュアは失敗すると笑い出す。特にお姉様方。
(笑いが収まるまでプレヤーは待つしか無い)
プロはジャッジで疑わしい時は「チャレンジ」でCP判定出来る。
アマチュアは、「入った!入らない!」でしばしゲームを中断する。時にはゲームカウントも忘れてしまう。
プロには主審や線審、そしてボールボーイ(ガール)が付いていてプレーに集中出来る。
アマチュアは、コートに出たボールを自ら取りに行かねばならない。たびたびあるのでそれだけで疲れてしまう。(高齢者ばかりと言うのもある。)
などとどうでも良い事を思いながらの観戦でした。
残念なのはあの錦織選手出場のダブルスを見る事無く帰った事でした。
下手をすると、試合開始が夜の10時過ぎと言う事で終電に間に合わない恐れがあったからでした。
donkan.jpg
日本側、首脳会談に中国語通訳不在=「危機管理上大問題」自民追及へ
外務省の北野充アジア大洋州局審議官は5日の自民党の外交部会で、ブリュッセルで行われたアジア欧州会議(ASEM)首脳会議に中国語通訳が同行せず、菅直人首相と中国の温家宝首相の会談が、英語の通訳を交えて行われたことを明らかにした。同党は「政権の危機管理が問われる大問題だ」(小泉進次郎衆院議員)として、国会で政府を追及する方針だ。
 4日の会談では、菅首相の発言を日本側通訳が英訳し、中国側がそれを中国語に訳した。一方、温首相の発言は、中国側の通訳が日本語に訳して菅首相に伝えた。
 日本政府は、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で悪化した中国との関係修復の糸口を探るため、ASEMの機会を利用した首脳会談を模索していた。北野氏は中国語通訳を同行させなかった理由について「(首脳会談は)日本側からお願いしたわけではない。実現することが分かっていれば準備するが、そういう状況ではなかった」と、会談が想定外だったことを説明した。 
(時事通信)
と、まぁ!?鈍感首脳の最新記事でしたが、このご仁によほど人望が無いのか周りに切れるブレーンがいないのね!
年長者に挨拶されても、挨拶を返さない若い奴。
年長者より先きに挨拶をしない若い奴。
年長者にため口で話す若い奴。
道を譲られても礼をしない若い奴。
ヘッドホーンでメールをしながら横断歩道をゆっくり歩く若い奴。
電車内で大笑いしている若い奴。
シルバーシートで居眠りしている若い奴。
電話で「マジっすか?」と問いかける若い奴。
相談事を持ちかけておいて、結果報告しない若い奴。
メールの挨拶文がいつも同じものを使う若い奴。
そんな若者に・・・・・私はなりたくない。(実体験)
車の点検の合間にイオンへ行く。1時過ぎだったので昼飯をと思い、店内のレストラン街へ。和洋中華といろいろある。ふと目についたのが、カレーバイキングのお店だ。
kary.jpg
初めてなので店員さんが、バイキングのシステムを説明してくれた。カレーは4種類。
トレーの中央にあるのは、インド風さつま揚げだ。
ナンはプレーンを入れて3種類。サイズもレギュラーとハーフとあり追加も自由だ。
プレーンのレギュラーを頼み、後は好みでハーフの一枚でも追加しようと考えていた。
トレーには載っていないがサラダや、ライス、チキンスープなどもある。
100円追加で飲み物も自由だ。コーヒーをトレーに。
デザートはヨーグルト。これまでがセルフサービスだ。
そしてナンとサービスの鳥の唐揚げが一つ、テーブルに置かれた。
何と!(シャレではない!)かごに入ったナンの大きさにビックリ!
この1枚でちゅうのお腹はいっぱいになってしまった。
コーヒーを2杯飲んで、トータル1,000円のランチタイムでした。
帰りしな、厨房をのぞいたら、インド人らしいコックさんが2,3人いた。
余談ですが、外国では(アメリカや東南アジアなど)日本のカレーライスが大人気との事。カツカレーも人気との事だ。
来日したインド人も、日本のカレーライスのおいしさにビックリ!
(フム!?昔、テレビのCMにそんなキャッチフレーズがあったな!?)
ちなみに外国で有名なカレーやさんは「coco壱番」とのことだ。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。