プロフィール

猟奇的ちゅう

Author:猟奇的ちゅう
毎日が、興味津々の男です。
その日、感じた出来事など写真
イラストなど添えて書き記して
いきたいと思っています。


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納涼親睦会

毎年8月は恒例の「納涼テニス親睦会」があった。
今回は、ちゅうも幹事の一人として準備に勤しんだ。
sinbokukai.jpg
まっ!テニスが口実で、飲めや食べろの大騒ぎだ。
ビールはもちろん、ウイスキー、日本酒、焼酎と際限なく出て来る。下の写真がその証拠だ。酒瓶にに囲まれた今回の幹事たちの額が飾られている。額は、もちろん我が倶楽部の御大であるTさんが作ったものだ。
sake.jpg
コートの前に酒瓶が鎮座しているのが我が倶楽部の凄いところである。そして、納涼親睦会が無事つつがなく終了しても、まだまだ宴会は続くのだ。
これまた恒例の「幹事慰労会」が有志達によって催されるのだ。今回は駅前のスナックと言うスナックを知り尽くしているNさんお奨めのカラオケスナックでの饗宴である。
が、これだけではまだ終わらない。「腹ごしらえ!」(?)と言う理由を付けて、これまた贔屓にしている駅前の中華「福源櫻」へ。
ここでも頼むは!頼むは!料理やビール、紹興酒を。
nijikai.jpg
手前にいるのがテニス仲間でもあり、ブログ仲間の「Atom」くんである。相変わらずちゅうにちょっかいを出している。
そして、ここで潰れた者意外は三次会のカラオケへと繰り出した。
うんざりする程、元気な初老達の饗宴は深夜まで続くのでした。
ちゅうはと言うと食べるだけ食べてサッサとその前に帰りましたがね。
スポンサーサイト

血湧き肉踊る!

レーザー光線と耳をつんざく大音響のテーマ曲で格闘技の幕が開きました。
BF-1.jpg
ちょっとでっぷりした外人選手も参加しています。が悲しい事に我々が座っている場所が赤コーナー真ん前。選手の戦っている姿が、この赤コーナーの柱が邪魔で右に寄ったり、左に首をのばしたりで忙しく見にくい事この上ない。
BF-2.jpg
SYOUDA-4.jpg
その上、勝者のトロフィ授与のセレモニーも画面の左正面がメインでこちらは裏舞台。選手の喜ぶ姿は背中ばかり。「おいおい!たまにはこちらを向けよ!」。
合間にリングの上でキャンペーンガールがダンスを披露したが、やっぱりメインはあちら!
かろうじて半回転した時にかわいい笑顔をチラリと拝めた。
BF-3.jpg
確かに生の戦いは迫力はあるが、目を離した瞬間やコーナの陰に隠れたKOシーンには「ビデオでもう一度!」と言いたくなるほどであった。ま!初物でしたので良しとするか!?
ちゅうを誘ってくれた若い女友達とその仲間を紹介して今回の初体験記事は終了とします。
BF-7.jpg



後楽園に行った。今日もドーム周辺に巨人ファンがドッと押し寄せている。
「キャーッ!ウワーッ!」と言う歓声が空の上から。
見上げるとビルの間を悲鳴やら歓声やらを乗せて急上昇、急降下を繰り返すジェットコースターだ。
K-1_20100826093615.jpg
何人かは万歳をしながら急降下を楽しんでいる。
よくよく見ると女の子も何人かがバンザイをしている。
『無理だ!絶対ちゅうには無理だ!』
なんせ、東京DLのジェットコースターに乗るのも尻込みしてしまう小心者のちゅうなのだから!
スキーでは山のてっぺんから一気に滑り降りる事が出来るのに・・・!?不可思議なものです。
オッと目的は遊園地ではない。ドームの奥にある後楽園ホールにいかなければならないのだ。
今回初めて若い友人から誘われた“格闘技”の観戦が目的である。ホールの入口付近では、明らかにタイプの違う人種が集まっている。関係者も数人たむろ(?)している。肩でも触れようものならぶっ飛ばされそうな人相のご仁もいる。普通(?)の観戦、観劇とはひと味違う雰囲気だ。ひっそりと目立たぬように入口へと進む。
エレベーター前には、各種格闘技のポスターが。
BF-0_20100826095904.jpg
今日が旗揚げの「BOX FIGHT」と言う格闘技を3時間たっぷりと観戦しました。
「男なら一度は壮絶な殴り合いを経験している・・・はず!?」
「血沸き、肉踊る!」熱き戦いの模様は次回をお楽しみに!

送り火と夢

昨夜、「送り火」をした。次男も普段より早く帰宅したので参加する。
okuribi.jpg
送り火の前夜、大好きだった先輩“浩さん”の夢を見た。とっても楽しい夢だった。
が、“浩さん”はもうこの世にはいない。“浩さん”は61歳の朝、突然に亡くなった。
「気分が悪いから寝ている」と言う言葉が最後だったとの事。心筋梗塞だったらしい。
“浩さん”とは、ちゅうが東銀座の広告代理店に途中入社した時に知り合った。
ちゅうがまだ25~6歳の時だった。クリエーターの先輩として、また人生の先輩としても若い頃のちゅうが一番影響を受けた一人だ。仲間の★も30歳代の“浩さん”に早く近づきたいと良く言ってたものだった。
でも、お互い30歳代になった時には何の感動、感慨も無かったがね。
写真はちゅうが20代中半の頃(昭和47年頃)、秩父に遊びに行き途中小学校の校庭に立ち入り撮ったもの。
写真に撮られている4人と、カメラマンの★5人とで気の向くままあちこち遊びに行ったものだった。
hirosan.jpg
あ~あっ、青春時代はあっという間の出来事。今では、懐かしい思い出ばかりとなりました。
“浩さん”との思い出話は『ちゅうさんの猟奇的日常秘画』でも紹介しています。
haka.jpg
行って来ました。K霊園へ。お盆前だから道は空いているだろうと侮ったのが誤りでした。3時間半(普通2時間ちょっと!)かかってやっと墓地に着いた。カミさんとお墓周辺の雑草を取り、墓石の汚れをブラシでこすり落とし一段落したところで霊園の風景をパチり!山や木々は青々と茂っているのだが携帯で撮ったのでこんなところか!
日も暮れる頃に、やっと我が家に着いた。しばらくして、仕事の予定の電話が入る。相手は若い女の子からだ。
女の子「いついつ、スケジュール空いてますか?」
ちゅう「その日は、空いているよ!」
女の子「本当ですか!?」
女の子「○○まで大丈夫ですか?」
ちゅう「大丈夫だよ!」
女の子「あっ、本当ですか!?」
女の子「では、○○はどうですか?」
ちゅう「それも大丈夫!」
女の子「本当ですか!?」
ちゅう「うそだよ~ん!」
女の子「アッ!キャッハッハ!」
この女の子、ちゅうが切れそうなの分かっていただろうか?
そう言えば、別の会社のAD(男の子)の口癖が「マジっすか!?」だったな・・・!?

誕生日と寿司

夕方、都内へ出かける用事が出来た。
江戸川土手沿いで信号待ちをしている時に、フッと見上げると爽やかな雲の流れに思わずパチり!
sky.jpg
都内に向かう高速に乗り数分走ると、正面に今話題のスカイツリーがそびえ立っている。さすがにパチりとはいかない。
今日は、久しぶりにカミさんが王子の姉宅へご機嫌伺いに行こうとしたら、偶然にも姪っ子の旦那A君の誕生日と言う事で急遽、誕生祝いをする事になった。遅れて、ちゅうが途中ケーキを買って向かうところである。
突然ですが、ポルトのS姐さまも歯ぎしりしてうらやましがるであろう、贔屓にしている寿司屋の新鮮な江戸前寿司が待ていてくれました。
nigiri.jpg
マグロは中トロ。ウニは姉達が好みでないので端折っとります。奥に控えますのは、駆け付け三杯!これまた今はやりの0,00%ノンアルコールビールで乾杯です。そうそう!おいしいものを目の前にして忘れていましたが、この後A君の誕生祝いを。何と甘いものにも目がないK君、我々の気が付かないうちにケーキ3個も平らげてしまいましたとさ!
半年前に前売り券を購入した「恐竜ショー」を昨夜見に行きました。
正しくは「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー ライブアリーナツアー イン ジャパン」と、まるで落語の『じゅげむじゅげむ~」のような長~~~いタイトル。
さいたま新都心駅と、これまたよう分からん駅を降りると目の前にそびえる「さいたまスーパーアリーナ」が。
駅構内を歩くカミさんの後ろ姿です。
saitama.jpg
そして!目の前に。
saitamasa.jpg
wwd.jpg
7:00開演。恐竜達の誕生から滅亡までの大スペクタルが始まりました。
恐竜は原寸大。恐竜の真下で人が操縦していますがまるで本物のように動き回ります。
デ、デカイ!
k1.jpg
k2.jpg
本日のメインイベント!ステゴザウルス親子が登場!もう迫力満点!
お腹に響く咆哮とダイナミックな動き。目が離せません。そして、1時間30分の(間に20分の休憩)スペクタルショーが終わりました。
ssa.jpg
mujinsutando.jpg
郊外や観光地に良く見かける無人の野菜売り場。陳列台にあるステンレスの筒に小銭を入れて勝手に野菜を持ち帰る。
ここ北小金の周辺にも無人の販売所があちこちにある。たぶん、日本ならではの光景だろうね。外国ではこうはいかない。
と、NHKの番組「クールジャパン」の出演している外国人が口を揃えて言っている。
「私たちの国では、お金を入れないでアッという間に持って行ってしまうだろう!」と。
今回は、250円の枝豆と300円のトウモロコシ(4本入り)を買った。
kikuya1.jpg
最近、昼時のお弁当にと立ち寄るのが北小金にある「きくや」さん。ご覧のようにまんじゅうとおにぎり、太巻きなどを売っている。今日は「天むす」(2個入り・260円)と「おにぎり」(鳥の唐揚げ2個、鮭、梅、明太のおむすび・340円)を2パック買った。もちろんこれを全部ちゅうが食べるのでは無い。半分はテニスクラブのKさんの分でもある。で、ずらりと並んでいるお団子を眺めていると季節限定の「水大福」(100円のところ90円?)が目に入った。甘いものに目がないちゅう。早速一つその場でパクリ!
mizudaifuku.jpg
ふわっとした柔らかさと甘いあんこが何とも言えません。本来ならば冷蔵庫などで一度冷やし、熱々のお茶と一緒に味わいたかったのだが。すぐ味わいたいと言う欲望(?)に負けてしまった。
そして、本日一番の「うれしい!」事がこの後待っていた。
広告代理店のSさんから携帯に緊急(?)の連絡が・・・!
このお話は後ほどに。
edamame.jpg
下戸に近い私でもやはり夏はビールだね!
息子(次男)から送られて来たアサヒの缶ビール(発泡酒)。
これまた、息子(長男)が結婚披露宴の引き出物の「素焼きのビールグラス」に注ぎグ~~~イッと!
真夏の夕餉の醍醐味ですな!『小せ~な~!』とおっしゃるな!
もちろん、缶ビールも素焼きのグラスもキンキンと冷やして置くのが基本。
そして欠かせないのが、「枝豆」ですな。それもそんじょそこらの枝豆ではいけない。
ひとつぶひとつぶが弾けるようなプリプリでなくてはネ!
テニスクラブのMさんからいただいた枝豆がそれだ!
毎年、贔屓にしている農家から購入と言う事で、我がクラブでも大絶賛の枝豆だ。
残念な事にこれがシーズン最後の貴重な枝豆である。
「ありがたや!ありがたや!」と感謝しつつも、もうほろ酔い加減!
これで一丁上がりは安上がりな!と言う、他愛無いお話でスミマセン!

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。