プロフィール

猟奇的ちゅう

Author:猟奇的ちゅう
毎日が、興味津々の男です。
その日、感じた出来事など写真
イラストなど添えて書き記して
いきたいと思っています。


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

築地のラーメン

天麩羅、穴子丼を堪能した!と言う程の満足感が無かったのと、一度市場のラーメンを味わってみたいと思っていたので急遽、ラーメンも味わう事に。たまたま、行列している店の前に。行列している位だから「美味い!」だろうと言う事で10人位並んでいる最後尾に加わった。
目の前で、魚市場らしい威勢の良いコックさんがただひたすらラーメンをこしらえて行く。が・・・・!?
rameninoue_20100430175133.jpg
その素早さ(乱暴?)と言ったら・・・!?お湯が器からこぼれようが、スープが隣のコックさんの腕に飛ぼうが、ただひたすらラーメンを作り上げて行く。スープを盛った段階で棚にあった調味料缶を振りかざし、白い粉が山盛りになるまで振り続ける。
『ギョ!ギョ!?ギョッ!!!???』
かくして、氷山のごとくの化学調味料(現在は、旨味調味料と言うらしい)も無事スープに溶け込み、一瞬の静寂が戻って来たようだったがここからが本番だ。矢継ぎ早に茹で上がった麺を放り込み、焼肉5枚をバラバラと放り投げ、木屑のようなめんまもザッと放り込み仕上げは刻みネギをケッチラして、「ハイ!一丁上がり!」
で、出来上がりを待っていた我々ははお盆を持って粛々とおとなしく受け取るのだ。
一人前650円也。
ramen2.jpg
どうにも釈然としなかったが「まっ!こんなものだろう」と自らも鼓舞、納得済みで完食いたしました。
多分二度目は絶対に無いと思うが!?
スポンサーサイト
雨の中、築地方面で打ち合わせの機会を借りて、前から訪ねたかった天麩羅の店に行こうと思いついた。が、一人で行くのも寂しいので、半ば強引にテニス仲間のAtom君を誘った。都合良くAtom君も暇だったようなので二つ返事で飛んで来た。
tukijijyougai.jpg
築地場外市場をかちどき橋方面に歩き、細く入り組んだ路地にお目当てのお店があった。
店の名は「黒川」。
tukijikurokawa.jpg
この画像は、Atom君が先に来て撮ったものをお借りした。
店内は4~5席のカウンターと4人掛けのテーブルが3台あるのみの小さな店である。
写真はカウンターに座って天麩羅を味わうAtom君。
atomkun.jpg
お目当ての「貝柱のかき揚げ」は先客の注文で終了との事。残念無念!
これが食べたかった「かき揚げ丼」。1,500円也。
kakiagedon.jpg
どうです!ほらほらよだれが!?『あっ私か!?』
無いものは致し方ない。「穴子丼と天麩羅」のセットを注文。お一人様2,000円也。
先きに揚げたてのエビや、野菜天麩羅が目の前に。それをお好みの塩を振って。
tenpura.jpg
ebitenpura.jpg
ちゅうは、抹茶塩で小振りの天麩羅をセッセと口の中へと運びます。受け皿が空になったところで「穴子丼」とみそ汁が運ばれました。『アレ!?』
anagodon.jpg
この「穴子丼」、半分食べたのではない。セットだとどんぶりの盛りつけが器半分なのだ。
これを見て、内心失敗したなと顔には出さず後悔した。
女性なら、この量で十二分に満足するとは思うが我々、男共にはいささか盛り付けが中途半端。
次回は、「かき揚げ丼」1,500円と「天麩羅定食」1,500円をダブルで頼もうと決心した次第です。
この後Atom君と別れ、ちゅうは再び築地場外市場のあの有名なラーメン屋へと向かいましたが、それは次回に!



犬畜生にも劣る

昨今、幼児虐待や母子殺害など巷で騒がれ見過ごせない問題となっている。
そんな事件を目にして思わず「犬畜生にも劣る!」と言葉を荒げて呟く自分がいる。
が、今朝新聞にその「犬畜生」、野生チンパンジーの話題があった。
一部の非情な人間にも勝る母性愛(?)チンパンジーを紹介する全文記事です。
<野生チンパンジー>母、子の死骸と生活 ギニアで確認
4月27日1時54分配信 毎日新聞
西アフリカ・ギニアの野生チンパンジーの母親が死んだ赤ちゃんを生きている時と同様に大切に扱うことを、京都大霊長類研究所の松沢哲郎教授と林美里助教らの研究グループが複数例観察することに成功し、27日付の米科学誌「カレント・バイオロジー」に掲載される。いずれも赤ちゃんはミイラ化しており、松沢教授は「人間の弔いの起源を解明する手掛かりになるのではないか」と話している。
 松沢教授は92年、ギニアのボッソウ村に設けた研究拠点で2歳半のチンパンジーの赤ちゃんが病死した際、母親が死骸(しがい)を背中に27日間おんぶして生活するのを確認。03年には、同じ群れで赤ちゃん2匹が相次いで死んだ際、それぞれ68日間と19日間、死骸と生活していることを確認した。
 いずれのケースも、母親は死骸の手足を首と肩の間に挟むようにしておぶい、毛づくろいしたり、たかるハエを追い払ったりしていた。死骸は強烈なにおいを放ち、次第にミイラ化。しかし、群れのチンパンジーは嫌なそぶりを見せず、子供たちがミイラで遊ぶこともあった。
 1例目は途中で観察を打ち切ったため、死骸のその後は不明。2、3例目は死骸が木から落ちるなどし、母親が見失ったという。
 ボッソウ以外の群れでは通常、死んだ赤ちゃんは仲間に食べられたり、捨てられたりする。松沢教授は死骸の毛づくろいやミイラ化はボッソウの群れで受け継がれている独特の「文化」で「愛情や弔いの表れ」と推測している。
【広瀬登】
s-1_20100427082853.jpg

坂本龍馬の嘆き!

巷では、「坂本龍馬」ブームなそうな。テレビでも坂本龍馬を描いたNHKドラマ「龍馬伝」が人気だ。
先日、その「龍馬伝」のドラマの場面で龍馬の発した台詞が印象に残った。
『「幕府」とか「藩」とかではなく
             日本国を考える~云々』

この「○○」の文字を「与党」とか「自民」とに置き換えて言える政治家がいるだろうか?
昨日の党首討論で鳩山総理は何を血迷ったか、自ら「愚かな総理かもしれない」と前代未聞の発言をしている。
これには自民党の谷垣総裁も他の議員もビックリ!
おい!おい!?大丈夫か?鳩山首相。
と、言う事で龍馬より叱咤激励のイラストです。
ryouma.gif
いでよ!平成の龍馬!

上海万博利!?

中国が国の威信を賭けての上海万博がいよいよ佳境に入って来ましたね。
そして何とも情けない「上海万博テーマ曲」のパクリ騒動!!
パクられた当の岡本 真夜さんは大人の対応で快諾したそうですが・・・(これで一件落着なんて!?分からん?)
そんな訳で、ちょっと意地の悪いイラストを描きました。
ご覧あれ!
pakurityu.gif
それにしても、「礼節」を重んじる国のはずだが・・・恥も外聞も無いね!?

語呂合わせ!

ふと思ったのですが、「語呂合わせ」って日本だけでしょうかね?
と言うのは、先日車を廃車したときに初めて気がついたのですが、前のナンバープレートの数字が
「4564」
「シンゴウムシ」と読めるのに気が付いたのです。
車だけに、これは『拙いんじゃない!?』と笑えました。
そう言えば、ちゅうの仕事場の電話番号は
「7160」
これって「ナナイロ」と読めますね。決めたときには分かりやすく、縁起が良いと喜んでいましたが、毎日のように間違い電話がくるので閉口しています。
「おそばや」、「小児科」、「印刷屋」、「八百屋」、「おじさん」、「おばさん」他、多種雑多な間違い電話が。
その中の間違い電話で、開口一番「あんた、誰?」にはいささか カチンと来ましたね。
それでは、気分を変えて問題を出しますね。
電話番号には、面白い語呂合わせの番号がありますが下記の番号はどのように読み、そしてそのメーカー名はなんでしょうか?
(1)0101(デパート)
(2)022-022(派遣会社)
(3)32429(英会話学校)
(4)4126(温泉旅館)
(5)341-9696(かつら)
他にも笑えるもの、これは無理かなと思える語呂合わせもありますので、興味とお時間のある方は探してみてください。
<答>
(1)丸井デパート「マルイマルイ」
   (現在は「○I○I」となっています。)
(2)スタッフサービス「オージンジオージンジ」
   (最近、CMを見ないな?)
(3)英会話NOVA「ミニヨクツク」
   (一時、良くも悪くも話題になったネ!)
(4)伊東に行くならハトヤ~♪「ヨイフロ」
   (これも、最近聞かないな!?)
(5)アデランス「ミヨイクログロ」
   (社名が変わるそうな!)

ワシントンの俳人

ワシントン発のニュース
『鳩山首相「最大の敗者」 核安保サミットで米紙』
【ワシントン=佐々木類】米紙ワシントン・ポストは14日付で、核安全保障サミットで最大の敗者は日本の鳩山由紀夫首相だと報じた。最大の勝者は約1時間半にわたり首脳会談を行った中国の胡錦濤国家主席とした。鳩山首相について同紙は、「不運で愚かな日本の首相」と紹介。
「鳩山首相はオバマ大統領に2度にわたり、米軍普天間飛行場問題で解決を約束したが、まったくあてにならない」とし、「鳩山さん、あなたは同盟国の首相ではなかったか。核の傘をお忘れか。その上で、まだトヨタを買えというのか。鳩山首相を相手にしたのは、胡主席だけだ」と皮肉った。
この辛辣な記事を読んで一句!<とても笑えません!>
※イラストをクリックすると拡大して見れます。
         obama&hatoyama
今、4千年の歴史ある大国、中国がいろいろな話題を発信している。
邦人の死刑執行、2年前の餃子毒物混入事件の犯人逮捕、Googleの中国本土の撤退、中国国内でのニラ中毒事件(殺虫剤による)、国の威信を賭けた上海万博の裏側の記事、そして今日の東京新聞には「振り込めサギ」の発信地が中国からと言うニュースが目に入った。この事件は、日本人も関与していると言うが。これらの記事を読むたびに知るごとに、中国と言う国を好きになれない自分がいる。
我が家では、食に関して「中国産」は絶対拒否を貫いている。
半年前、輸入に頼っている日本で「中国産」の食材を一切使わなくなった場合、販売用の弁当のおかずの内容がどのように変わるかをシュミレーションしていた。(例えば400円のお弁当を作ると!?)
結果は散々なおかずの内容であった。う~む!これはこれで困るな、と考えてしまう自分が!?
気分を変えて失笑話を一つ。
テニス大好き人間のちゅうが探して探してやっと手に入れた「スリクソン」のテニスウェア。販売元は「ダンロップ」。素材は「テイジン」。
『超一流だ~!』。喜色満面!浮き浮きと期待に胸膨らませ袋を開けて見ると・・・!?
MADE IN CHINA
この商品も、「MADE IN CHINA」と言う落ちでしたとさ!

恒例!春の親睦会

我がテニスクラブ恒例の春の親睦会を土曜日に催した。このところの天気は日替わりでコロコロ変わるが、この日は春うららかな暖かい陽気に恵まれた。他のクラブでは、どのような親睦会を催しているのか分からないが、我がクラブでの親睦会はテニスを楽しむ前に先ずはビールで乾杯だ。料理はと言うと、お姉様方や奥方の手料理の差し入れでテーブルに置ききれない程のごちそうである。その中には、鍋一杯の温かい豚汁まで用意されておりました。
ajisai.jpg
楽しいゲームが消化されて行くとともに、テーブルの上のお酒もビールからワインに、そして焼酎、ウイスキーと消化されて行きました。ほろ酔い加減で懇親会も無事終了となりましたが、これからが本番!
我がクラブ独特のルールがあり、懇親会幹事の慰労会がこの後引き続き舞台を変えて行われるのです。
今回はカラオケに繰り出しました。
総勢17名。平均年齢60歳になろう善男善女の宴はまだまだ続くのでありました。
突然ですが「純豆腐」ってご存知ですか?韓国語で「スンドゥブ」と言う赤唐辛子をふんだんに入れた辛い豆腐料理です。幸か不幸か、ちゅうは内のカミさんの影響でおさんどんに精出す主夫になってしまいました。
と、言っても一週間のうちの1日か2日ですが。
そして本日は「純豆腐」を作りました。興味のある方は「純豆腐」を見てください。いろいろ紹介しています。
sundobu.jpg
韓国式で作ろうとしましたが一人前用の鉄鍋が無かったので、土鍋を使いました。味はと言うと「辛いもの好き」の人にはもってこいの辛さで、あさり、えび、豚肉の旨味も加わっておいしいですよ。ネギを始め野菜類はお好きに!
一人用の鍋で作るのであれば生卵を加えるとよりまろやかになります。お試しあれ!
お話変わって、あるスポーツショップで発見した5本指ソックス(3足入り1,500円)。早速購入!
で、家に帰ってあててみると・・・!?
socks11.jpg
何と膝上まであるソックスでした。よくよく考えてみると"野球道具のスポーツ店でした。そう!野球用のソックスだったのです。一度は折り返して使ったのですが・・・!?う~む!?
と言う事で、主夫としてもう一つ得意になった裁縫でショートソックスに変身させました。先ず長いソックスを裁断。
socks2.jpg
そして、出来上がったのがこれだ!
socks22.jpg
どうです!?なかなかの出来栄えでしょう?
今日は、テニスクラブの親睦会。早速この変身ソックスを履いて意気揚々、参加いたします。

忠犬ハチ公の日

4月8日の今日は、「忠犬ハチ公」の日であると言う。
興味のある方は「忠犬ハチ公」へ!
渋谷駅前の銅像がこれだ!
sibuyaekimae.jpg
本物の「忠犬ハチ公」は↓
hathikou_20100408154622.jpg
本来は耳がピーンと立った秋田犬なのだが、皮膚病の後遺症で片方の耳が垂れ下がってしまったとのことだ。
亡くなった主人を渋谷駅前で待つ事10年。最後は路地裏で死んだが、近所の人たちや関係者が手厚く葬ったと言う。
お話変わって、我が家で飼っていた「ちゅう犬ドリー」は5年前にこの世を去ってしまった。生まれて2ヶ月の幼犬ながら、はるばる九州・福岡から飛行機で我が家にやって来た。子供達が犬を怖がるのを心配した義父が知り合いから譲り受けて来たのだ。そして思惑道り、子供達は大の犬好きとなったのである。
iodolly.jpg
「ドリー」7~8歳の頃、桜満開の公園で!
dolly.jpg
我が家に来たときから家の中で飼っていたので、ちゅうが帰宅する数十秒前から玄関で「クンクン」と啼きドアを開けるのを待っていてくれた。耳が良いのか?鼻が利くのか?不思議だった。また、誰に似たのか近所では評判の美人(犬)さんで、散歩のときなどは付いて来る男達を追い払うのに大変だった。そんな訳で、生涯独身を通したのである。
「ドリー」が亡くなった時、人一倍大泣きしたのが内のカミさんだった。
写真は、ほっぺたをなめられたカミさん!変顔なので本人の名誉のためにモザイクにした。
kumikodolly.jpg
そして6年が経とうとしているが、二度とペットを飼う気にはどうしてもなれない。
打ち合わせで神楽坂に行く。以前は仕事の関係で神楽坂の写真スタジオに良く行ったものだったが、最近はとんとご無沙汰だった。神楽坂はちょっと横道をそれると、昔懐かしい坂道の歓楽街(?)や黒塀の料亭などがある。
kagurazaka.jpg
kagurazakakurobei.jpg
20数年も昔、仕事仲間の行きつけの飲み屋に入り、「ウニ」を注文したら弁当箱のような経木で出来た折り箱いっぱいにウニを詰め込んだものが、ド~ンと目の前に置かれてビックリした事を思い出した。その「ウニ」の値段はいくらしたのか、知り合いのおごりだったので恐くて聞かず仕舞いだった。多分・・・!?高かっただろうな~!おいしかったがね!
フッと間口の狭いお店を覗くと・・・お~っ!?見つけた!こんなところにあった!
randoselu-1.jpg
写真の右下にご注目!このお店が十数年前にテレビで紹介されていた、思い出のランドセルをミニランドセルに作り直してくれるお店だったのです。
お店の名は「夢小路工房」
中をのぞいていると、ピノキオのお父さん「ジュペットおじいさん」似(主観!)の店主が出て来た。
randoselu-2.jpg
話を聞いてみると、なんと予約注文は2年後の4月まで一杯なそうな。ミニランドセル一つ作るのに2日掛かると言う。話し好きの「ジュペットおじいさん」に付き合っていたが、お客さんが入って来たのでこれ幸いと店を出た。
Atom君からいただいた「油そば」(汁を絡めて食する)を作って食べました。味の方はと言うと一般的なラーメンとは異なりちょっと変わっている。
aburasoba-2.jpg
トッピングは、焼肉に温泉卵に刻みネギ。麺と一緒に付いているメンマと刻み海苔、そしてタレを絡ませて温かいうちに一気に食べた。(そうしろとAtom君からの指示で!)
タレの味がいま一はっきりしなかったので、ブラックペッパー、辣油、酢を適当に加えてちゅう好みに。
汁を絡めた麺はもちもちとした食感で、これはこれでうまかった。
不安と疑問だらけの「子ども手当」が実施される。ウハウハの外国人と、金持ち夫婦。
よく解らない方、こちらの解説をぜひどうぞ☞出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
kodomoteate.jpg
大丈夫か日本!?末恐ろしい

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。