プロフィール

猟奇的ちゅう

Author:猟奇的ちゅう
毎日が、興味津々の男です。
その日、感じた出来事など写真
イラストなど添えて書き記して
いきたいと思っています。


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


鳩山由紀夫首相は31日午後の党首討論で、自身の資金管理団体をめぐる偽装献金事件に対する責任の取り方について「私としては身を粉にして国民の期待に応えることによって、その責めを果たしたい」と述べ、辞任の考えはないことを強調した。(時事通信)
miwokoni_20100331175829.jpg
何をか言わんや・・・出るは溜息ばかり
スポンサーサイト

油そば

ひょんなことから、テニス仲間であるハンドルネーム、Atomまたはsyamadaくんから「油そば」の詰め合わせをいただいた。
aburasoba.jpg
包装紙から察するに、わざわざ取り寄せてくれたものらしい。「油そば」は、新橋にある専門店で一度食べたきりだ。
戴いた「油そば」は東京麺珍亭本舗からのものだ。興味のあある方は調べてください。
箱の中には、麺、シナチク、刻み海苔、タレが6包入っていた。親切に作り方のパンフレットまで付いていた。
「油そば」の特徴は簡単に説明すると汁の無いラーメンだ。
まだ、食する機会がないので感想は後ほどに。

築地のレストラン

築地の、とある会社に打ち合わせに行く。その会社のすぐ近くにある何だか良う分からん店構えのレストランがある。
kamiyama-1.jpg
ほとんど店内を覗く事も出来ない張り紙が何枚も貼ってある。それでもドアには「営業中」というプレートがぶら下がっている。張り紙には、昔懐かしい大正、昭和時代の庶民の生活を漫画で描いている。そのイラストタッチに惹かれてドアを開けて入る。
kamiyamatennai-01.jpg
kamiyama-tennai-2.jpg
カウンターを中心に周りの壁や、窓ガラスにも漫画がふんだんに貼ってある。
注文した後の待ち時間、一つ一つチェック!カウンターのおばさんに聞くとここのオーナーでもありシェフが描いたものと言う。感心しながら見ているうちに注文した「クリームコロッケ入りカレー」が目の前に。
kamiyamakare-1.jpg
これで、980円。目の前には付け合わせの、ラッキョウ、福神漬け。紅ショウガ、マヨネーズがど~んと置いてあり
好きなだけ取る事が出来る。一風変わったこのレストラン「キッチン・カミヤマ」さんと言う。お試しあれ!
昨年11月中旬にテニスクラブのオーナー、○田さんからいただいた「千両」。
正月を迎えるため床の間に生け花として飾った。
それが驚き!何と4ヶ月過ぎた今も、葉の緑、実の朱色も鮮やかなのだ。
この先、いつまで輝きを保ってくれるか気になる長寿の「千両」である。
senryou.jpg
お話変わって、相変わらずのテニスのお話。
テニスに興味の無い方は読み過ごしてください。
昨日テニスクラブの○田さんが金町にあるテニスクラブにちゅうを招待してくれた。
そこには、全日本ベテラン(65歳以上)クラスの有名選手○口さん(御年68歳)や女性シングルスの優勝者など超強者選手が待ち受けていた。
初めて、全日本で活躍している○口さんと打ち合った。
が、今まで体験した事の無い球質であり、動きも予測の出来ないプレースタイルだった。
3時間程ダブルスのゲームをした。対戦相手が変わっても全てが真剣勝負の感があり、新鮮な気持ちと驚きの連続であった。
その後、○口さんから「あなたは、大会でシングルスを多くしていると聞いたから別コートでシングルスの練習をしましょう。」と誘ってくれた。願っても無い経験なので対戦させてもらった。
が、全く歯が立たず状態。サーブの早さもこれが68歳のサーブかとびびり、リターンも自分では厳しいところに打ち返したと思っても、より厳しいところへリターンされる。
それもリターンの早さ、球質や方向も半端ではなかった。
野球で言うところの、カーブあり、シュートありで突如豪速球もあり、挙げ句の果てに対戦する相手の闘志を萎えさせる左右のドロップありで予測もつかない。それも、ほとんど決めるのだから・・・
完敗であった。『当たり前か!?』
唯一、救いがあったのは○口さん曰く、
「あなたは、足がある。テニスは足があるのが一番だ!」。
と、ちゅうの唯一の取り柄を褒めてくれた。
(慰めてくれた?)もうこれで有頂天。
テニスを5時間もの間、ほとんど休みなく打ち続けていた甲斐もあったとものだと満足して帰りました。
昨日、朝のテレビ番組で(フジテレビ)、「恐竜ライブ」と言うのを紹介していた。
タイトルからして野次馬根性旺盛のちゅうは興味津々で見た!
↓写真をクリックすると迫力の大画面で見る事が出来ます。
         wwd-main003.jpg
最初は、いつもの恐竜展かと思いきや!?
「おっ!面白い!!」
大、大迫力で実に面白い!等身大(最大12メートル超)の恐竜達が舞台狭しと暴れまくる。
本物の様に(本物は知らないが・・!?)表情豊かに動き回るのだ。
日本公演は数カ所で四日間だけだと言う。
関東では、7月と8月に横浜と埼玉の2カ所で公演を予定している。
早速、ネットで先行売り出しチケットを購入した。
『百聞は一見にしかず!』恐竜好きの方は必見ですよ!
※ちなみに恐竜一体の制作費は大きいもので<6千万円>懸ったとの事です。

春の嵐

今朝、早くから台風並みの強風が吹き荒れていた。
習慣で早朝5時には起きて机に向かったが、ガタビシと風の音がうるさい。
目の前でひときわ大きい音がしたが、気にもせず仕事に没頭した。
9時を過ぎた頃、ご近所から電話があって初めて大事に気が付いた。
「○○さん、雨戸が道路まで飛んでいますよ!」
何とひときわ大きい音の正体は、机に向かっていたちゅうの目の前の雨戸が吹っ飛んだのだ。
kyoufu1.gif
それもお隣の石塀、大谷石の一部を削り取り二軒先の道路に落ちていたとのことだった。
削り取られた大谷石の石塀。
kyoufu2.jpg
人様にけがでもさせていたらと思うとゾッとした。
お隣には早速手みやげを持って謝りに行き無事、事件は一件落着と相成りました。

春の贈り物!

神戸の○ちこさんから、春の珍味「イカナゴ」の佃煮がタッパ一杯に送られて来た。
この時期には必ず送られてくる○ちこさん手作りのおいしい佃煮である。
カミさん曰く、「大変、高価で貴重なものだから少しずつ味わってね!」と。
で、タッパの上の取り分けた後のへこみがそれである。
本当に少々である。
ikanago-1.jpg
山椒もピリリと効いて熱々のご飯にのせて・・・!
『もう、たまりません!』
ikanago-2.jpg
※ご参考までに「イカナゴの釘煮」のご紹介。


タイ焼き。

築地に打ち合わせで出かける。その後、すぐ近く新富町にある名物「タイ焼き」店に行った。
お店の名は「にしみや」さん。夫婦でお店を切り盛りしている典型的な下町の店の風情である。
t-1.gif
のれんをくぐると若いカップルの先客がいた。おにぎりをぱくついている。
t-2.gif
ここのタイ焼きは、昔ながらの一本焼きである。くるくるとせわしなく裏表と返し焼いている。
t-3.gif
気の良い親父さんは出来上がったばかりのタイ焼きを開いてみせてくれた。
t-4.gif
お土産で包んでもらう前に一つ熱々のタイ焼きをいただき店先でほおばる。ぱくついた後、慌てて写真を撮った。
まるで、ジョーズに身を半分喰いちぎれた有様である。
t-5.gif
久しぶりに、昔懐かしい甘くて素朴な味わいのタイ焼きでした。



イタリアン

カミさんと買い物の帰りに寄ったイタリアンのお店「Mare@」。
以前にもご紹介しましたが、ランチ時も含めいつも女性客で賑わっている。
今日も、男性客は2~3人とちらほら。
it-1.jpg
ちゅうが注文したのは、渡り蟹とトマトのパスタセット。
二切れのバケットとサラダ、デザート、コーヒー付きだ。
1,000円で楽々おつりが来る。が、男性客には盛りつけの量が今イチか?
ちゅうはいつもの通り大盛りを頼んだが、写真は普通盛りである。後から別皿で盛って来た。
どうもコックさんが忘れたようである。
it-2.jpg
お味は!?「なかなか美味でございました。」デザートはあま~い「ティラミス」でコーヒーにとても合いました。
it-3.jpg
新車の購入受け渡しの時、担当Yさんから車のキーの説明を受けた。
目の前に置かれたキー、「スマートキー」と言う。これはポケットやバッグに入れて車に近づき、ドアノブに触れると解錠すると云う優れものだ。この段階ではアクセサリーは付けていない。そして、スマートキーとサブキーの説明を十分受けて意気揚々と帰ってきたのだが・・・!?
kye-1.jpg
そして受け渡しの翌日に、十二分に説明を受けたのをコロッと忘れ、上記の写真のキーを手にして「サブキーが無い!」と大騒ぎ!カミさんも、「そう言えば私がサブキーを貰ったような・・・!?」と、バッグや、服のポケットなどを探すが出てこない。
受け渡し途中で寄ったファミリーレストランに問い合わせても「ありません!」との返事。
もしかしてと、ホンダ販売店に電話をして担当者に置き忘れてないかと聞くと、
担当者「確か、二つともお渡ししてますよ!」
ちゅう「一つしかいただいていないんですが!?」
(上の写真でワンセットと思いこんでいる。)

担当者「あっ!スマートキーに付いているのがサブキーなんですよ。」
ちゅう「へっ!???」
担当者「ご説明が足りなかったようですみません!」
と、フォローしてくれる。ハタッと思い出した。
kye-2.jpg
スマートキーの中に、もう一つサブキーがセットされており、外に付いていたのが第一サブキーなのでした。
メインのケース型スマートキーが一つ、サブキーは二つ。
そのことを担当の方は、キーをそれぞれ外し説明してくれたのでした。
そして説明後、無くさないようにと親切にサブキーを再度、スマートキーに付けてくれたのでした。
そのことをコロ~ッと忘れ、サブキーが無いと大騒ぎしてしまったのでした。
何ともお恥ずかしい。
この粗忽さは「死ななきゃ直らない!」浪曲・清水次郎長『森の石松』状態でした。
ホンダのエコ車「インサイト」を乗り始めて一ヶ月が過ぎようとしている。
運転していて面白いと思ったのが、くどい(?)ほどエコ運転に対しての評価を表示してくれることだ。
カーナビの画面で、選択すると写真のようなマークが表示される。
ECO.jpg
新芽マークが多いほどエコ運転なそうな。今のところ、満点とはいかないが高評価である。
知り合いのアジマドさんも同じインサイトを乗っているのだが、評価を高めるために気が付くとノロノロ運転をしていると苦笑していた。確かにこの表示は、ゲーム感覚で評価を高めようとする気分にさせるし、マリオゲームのように隠れキャラがどこかにないか探るような楽しみ方(?)も出来る。まっ、ちょっと高価なおもちゃかな!?
ぽかぽか陽気に気分もウキウキ!金町方面へドライブと繰り出した。
が、6号線の上りは渋滞でのろのろ運転。あまりの渋滞にうんざり!
脇道にそれて進むと、「アラ!不思議!?」。ナビが新たに目的ルートを設定し直してくれた。
後で調べてみると、最近のナビシステムは『そんなの当たり前!』。
いたれりつくせりの機能を持っているのね!と、驚き!感激!ナビ初体験状態でした。
他にもいろいろな機能を持っているのをいちいち説明するのも、体験済みのみなさまには『うざい!』でしょうから素通りしましょう。
ちなみにインサイトのインテリアはこんな感じ↓
insight-inp.jpg
家から40分ほどして、たどり着いたのが葛飾の「水元公園」。広々としていて、公園もきれいに手入れされている。一度ゆっくりと散策してみたい魅力的な公園だ。
残念ながらここは横目で眺めながらの素通りでした。
mizumoto.jpg
この後、松戸市内の韓国料理店に向かったのだが、そのお話は後ほどに!
ここ、二三日続いた春の陽気に我が家の小さな庭の白梅も満開となりました。
hakubai.jpg
本日、外出予定のカミさんが窓を開けて何か不審な行動を。
まるでお風呂の湯加減を見ているような仕草をしている。
ちゅう「何してるの?」
カミさん「今日出かけるので、寒いのか、暖かいのか見てるの。」
ちゅう「まるでお風呂の湯加減を見てるようだね!(爆笑!)」
カミさん「・・・・・!
あまりにも面白いのでちゅうの「ちゅさんの猟奇的日常秘画」の作品に採用といたしました。
yukagen.jpg


ここ3年間で、ちゅうがネットを利用して購入した物はいくつもある。電化製品はもちろんPC周辺機器、そしてテニス用のウェアなど数多くあるが、その中で唯一失敗したなと思ったのがこれ↓
net-1_20100301104513.jpg
プロテニスの錦織選手仕様のテニスシューズを喜々として購入したのだが、シューズの幅があまりにも狭く、痛くて走ることも出来ない。思いあまって、メーカーに相談すると「靴修理やさんに相談してください」と、つれないご返事が。靴修理店に相談すると、スポーツシューズは修理できないとのこと。色々考えて、またまたネットで購入したのが靴の幅を広げる「ストレッチャー」。写真のシューズに入っている。が、このストレッチャーも2回ほど使用したら、ハンドルが空回りして役に立たず状態に。
<教訓>サイズ物は靴に限らず、合うかどうかを実際に試すべき!を肝に銘じた。

Powered by FC2 Blog